Top > フィットネスクラブ > 身近になったフィットネスクラブ(ポーツクラブ・ジム)

身近になったフィットネスクラブ(ポーツクラブ・ジム)

中高年層の参加と利用が盛んになってきている背景には、生活者側の健康意識の高まりもありますが、スポーツクラブ(フィットネスクラブ)側の努力もあります。

各クラブはこの数年間にサービス内容を大きく充実させてきています。施設や設備は新設・増改築を行い、その量と質を高めてきています。

一方、料金はライフスタイルに応じた会員種別を増やすと同時に、以前よりお手頃なものとなってきているようです。

一般的なスポーツクラブでは、6,000~10,000円程度の月会費になっています。グループプログラムも多種多様に揃え、中高年層が興味を持てるものがたくさん開発されています。営業時間も長くなり、中には24時間営業のクラブも出てきています。

特にツールを使ったシンプルなプログラムに人気があります。例えば、バーベルを使って音楽に合わせてエクササイズするグループプログラムや大きなボールを使って筋肉のコンディショニングを整えるもの、わざとアンバランスにしたボードの上にのり、音楽に合わせてエクササイズするもの、ツボを刺激する特別な器具を使って全身のコンディショニングを整えるものなどです。

グループプログラムの時間も参加しやすいように「15分間」といった短い時間のものもつくられるようになっています。こうしたプログラムは「最初は抵抗があったが、知り合いに促されて1回参加してみたら意外におもしろかったので続けている」という人が多く、ごく自然に運動を習慣化するのに最適です。最近のクラブは中高年層のニーズに合うようにどんどんその姿を変えてきているようです。

フィットネスクラブ

関連エントリー
フィットネスクラブ(スポーツクラブ)の利用者身近になったフィットネスクラブ(ポーツクラブ・ジム)ビジネスマンのフィットネスクラブ活用術運動は特効薬失敗しないためのトレーニング
カテゴリー
更新履歴
フィットネスクラブ(スポーツクラブ)の利用者(2015年3月 5日)
身近になったフィットネスクラブ(ポーツクラブ・ジム)(2015年3月 5日)
ビジネスマンのフィットネスクラブ活用術(2015年3月 5日)
運動は特効薬(2015年3月 5日)
失敗しないためのトレーニング(2015年3月 5日)